「性差を越えて」−働く女と男のための栄養剤
by  匠 雅音  新泉社から1992年刊

目    次         
はじめに
第1部
 腕力支配の終焉
1.生きていくこと
2.職種別の男と女
3.男と女の違いから
4.家事労働
5.力の役割
6.技術と腕力
7.肉体の賛美
8.労働の結果
9.劣性の無化
10.自己保身
11.産む性
12.アメリカ
第2部
 性交の社会学
1.男性性の確立
2.誕生の契機
3.勃起の背景
4.呪術の世界
5.弱き強姦
6.犠牲の血縁
7.近代の家族
8.結婚と家族
9.哀しき主婦
10.自立への恐怖
11.大胆な避妊
12.肉体の優先
13.貨幣の絶対化
第3部
 自立する頭脳
1.内在する神
2.奥義書の言葉
3.美の構築
4.価値の忘却
5.我を忘れる
6.痛いという言葉
7.体験という想像
8.鋭利な言葉
9.等しい男性と女性   10.男根欠損
11.買春の解放
12.今の男性から
13.二人の神
 
第4部
 想像力が飛翔する
1.敏感な部分
2.方法論の欠如
3.土着の稲作
4.墓と戸籍
5.内外を結ぶ
6.試行錯誤
7.事実と願望
8.若さの凋落
9.日本の女性たちへ
10.新しい価値

あとがき  

第2部    性交の社会学

7.近代の家族
 江戸時代までは、男性と女性は平等だったという声があるが、筆者はそれに同意しない。
その理由は、ここままで読み進んできた読者には、おわかりだろうと思う。
しかし、日本の近代が、男性と女性の関係に与えた影響が大きかった事は、筆者も認めざるをえない。
江戸時代、封建制度といい、人口の10パーセントの武士が、町人の上に威張っていただけ、庶民はいつも悪政に苦しんでいたと言うのは、どうもうがちすぎだろう。

 現在の日本は、ピストルを持った警官が、昼夜にわたって丸腰の市民を監視している。
そして、警官に射殺されても、それが職務遂行上であれば、市民は抵抗するすべを持たない。
人殺しは、毎日の新聞にのっており、現代人はふつうの殺人では、もはや驚かない。
後世の歴史書は、現代日本をこう書くだろうか。
江戸時代という長い平和が続いたのは、きわめて良くできた社会だった、と考えるべきではないだろうか。
封建社会に、庶民は、平和に楽しく、暮らし続けたのではないだろうか。

 1868年、太平の夢からさめた日本は驚愕した。
欧米諸国は、強大な武力をもっている。
たった数隻の蒸気船に、日本の総力をあげて も、太刀打ちできないのである。
余りの力の違いに、愕然とした。
しかも、欧米諸国は、アジアの諸国を次々と植民地としていた。
開国に向けて、日本中が沸騰した。
この辺の事情は省略するが、とにかく、日本が独立国家として、世界の中にそれなりの地歩を占めることが急務だった。

 日本という国が、強くなることを強制された。
明治維新以降、日本は西洋諸国を手本として、富国強兵に傾注することとなった。
それまで の江戸幕府は、閉ざされた世界で、自国民だけを平和裏に養っていればすんだ。
ところが、今や、西洋諸国が長い間かけて、蓄積してきた国力に、きわめて短期間で追いつかなくてはならない。
それまでより余計な出費が、増えるのである。
これからは庶民も戦さに、かり出されるのだ。


 明治政府は、なりふりかまわず、富国強兵の道を突き進んだ。
国を、強くするための方策は、すべて採用した。
こうした状況で、力を象徴する男性性が、より一層強調されたのは、不思議でもなんでもない。
政治、経済、社会、あらゆる面に、強いことが良いことだ、と強調された。
争い、戦い、 打ち勝つことが奨励された。
これは、男性性の強調にほかならない。
男性性の優位は、家庭にも進入してきた。
家庭内における男性性優位は、きわめて強い家父 長制の確立、という形ですすんだ。
家長の絶対、男尊女卑、長子相続、儒教道徳の頒布など。


 江戸が遠くなるに従って、近代国家の体裁が整うに従って、男性制の優位はますます強調された。
こうした事情で、江戸時代は男女が平等だった、という人がいるのか知れない。
しかし、明治になって、時代が下るに従って、男女不平等が増幅されただけなのである。
今までの人類の歴史には、本当に男女が平等だっ た時代はない。

 男性は戦争が好きだ、女性は戦争が嫌いだ、と誤解しないでほしい。
今までの社会で強調された男性制は、好戦性の象徴かもしれないが、 現実の男性がすべて好戦的であるとは限らない。
そして、現実の女性が、誰でも反戦家であるとは限らない。
戦前の反戦運動家の、多くが男性だったことや、国 防婦人会を作って、道ゆく若い女性のパーマ頭に、バリカンをいれたのは女性であった。
今日の社会で、生活している現実の男性も女性も、ともに前の時代の価値観をきりきれない。

次に進む