家を建てようとする方へ:発注する前に  第1部

目    次
  第1部
はじめに 1.建築界の仕組み 2.一軒の家 3.時代が変わった
  第2部
4.設計の限界 5.家は商品か 6.設計を支えるもの

はじめに

 自分の家を建てたいと思ったとき、あなたはまず何をしますか。
住宅展示場を見てまわる。
建築関係の本を買って読む。
知り合いの大工や建築家に相談する……。
そして、もちろんインターネットで資料を集めることでしょう。

 そこで知ったのは、たくさんの情報と真新しい家たちでしょう。
おいしそうな営業マンの話を前にして、あなたは何を根拠に選択しますか。
むしろ、情報をたくさん知れば知るほど、不安が頭をもたげてくるのではないでしょうか。

「あの本にはこう書いてある…」
「あの営業マンはこう言った…」
「前に家を建てた友人はこう言っている…」
「しかし、知り合いの大工はこう言っている…」
そこで、あなたは
「一体、何が本当なのだ」
と思うでしょう。

 近所の大工とは古くからの知り合いで、自分が家を建てるときは、彼に頼もうと決めてあった人は幸運です。
その大工に何でも相談して、建築計画を実行に移すだけです。
こうしたケースでは、大工を心から信頼できるだろうし、また、全幅の信頼を寄せるべきです。

 たとえ、まわりで誰が何と言おうとも、その大工の言うことを信用し、その大工に何でも相談して下さい。
信頼された大工は責任感にもえ、あなたの希望にそう仕事で必ず答えてくれるはずです。
もともと、家作りとはそうしたものでした。
身近かにいる大工の棟梁に、仕事を頼むのがほとんどでした。

 しかし、息子が成人して1人前に発言権を持ってくると、ちょっと事情が変わるかも知れません。
息子はこう言うでしょう。
「確かにあの大工さんは人が好いし、仕事も手堅いだろう。
でも、あの大工さんの建てた家は何となく、あくぬけない。
どうもやぼったい、その上、みんな同じように見える…。
父さん、今度の日曜日に住宅展示場へでも行ってみようか」

 住宅展示場には、確かにきれいで新品の家たちが建ち並んでいた。
いくらか心が動かされた。
あの大工は、あんな住宅が建てられるだろうか…
知り合いの大工を信頼しつつも、一抹の不安がよぎります。
そうこうしているうちに、どこから聞きつけたのか、プレファブ住宅などの営業マンが殺到し始めます。

 そこでそのまま家作りを進めると、あとはもう何が何だか判らないうちに、事態は進行し始めるでしょう。
かけがえのない自分の家を建てるのですから、最初に考えておくべきでしょう。

「何を」

 そう、いったい家とは何かということを考えておいても、決して無駄ではないと思います。
誰もが住んでいる家。家という言葉は、とても日常的な言葉です。
しかし、あなたが家を作るのは日常的な仕事ではありません。
家作りは一生に何回もありはしません。
いやひょっとすると、1回だけの経験かも知れません。
ですから、当惑や不安は無理もないのです。
あふれる情報の前で、家作りを心の隅にでも思いついたあなたとともに、家とは何か、家はどのようにしてできているのかを、考えようと思います。


第1部へ進む

「タクミ ホームズ」も参照下さい